私の社交ダンス勉強方法


スポンサードリンク

こんにちは😃

 

ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です。

 

今日はですね❄️☃️

雪って綺麗ですよね✨

 

雪で景色がぼんやりしていつもと街の見え方が違うんですよね。

 

 

幻想的です。

 

 

さて、私は社交ダンスを勉強する上でコーチャーと踊った時の身体の感覚と得た知識をフル活用します。

 

 

 

どの習い事もそうだと思うのですが、レッスンはコーチャーの熱量だけでは成り立ちません。

生徒の熱量も同じで(熱量とはそれぞれ伝えよう、習得しようという気持ち)ないと良いレッスンは成り立たないと思うのです。

 

 

レッスンを受けた後は、二人で復習です。

 

 

コーチャーは何を伝えたかったのか?

 

 

踊った時どんな感覚だったか二人で話し合います。

 

 

これ。すごく大切だと思うんです。

コーチャーが言ってくれたことを自分の頭と体に落とし込まないとレッスンを受けた意味がないですもんね。

この自分の中への落とし込みはリーダーの山嵜が凄く上手いです。

 

 

いつも感謝ですね✨

 

 

 

私たちは以前、たくさんの外国人コーチャーにレッスンを受けていました。

 

 

それもあって今の自分たちがあるのですが、その当時は迷いに迷っていた自分たちもいました。

 

 

メインにする外国人コーチャーもいなかったため、ダンスの感覚や知識を深掘りすることも出来ずにただひたすらその時そのコーチャーに言われたことをがむしゃらにやってました。

 

 

 

だからこそ社交ダンスの真の姿が見えない状態でした。

 

 

 

今は違います。ただ自分達を信じて、コーチャーを信じて鍛錬していくのみです。

 

 

もしダンスに迷っている、またはわからなくなっていたら一度立ち止まって自分の環境を変えてみるのも一つの手だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ