シャドー練習って必要なの⁇


スポンサードリンク

こんにちは😃

 

ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です✨

 

 

今日は暖かいですね。

 

コート一枚で過ごせそうです💕

 

これから大宮教室でお仕事します。

 

お客様にお会いできるのが楽しみです♬

 

 

 

今日も宜しくお願いしますね🤲

 

 

さて、社交ダンスの練習でシャドーというのがあるのはご存知ですか?

 

 

※シャドーとは相手が影のように見えるよう一人で踊る練習のことです。(※私の解釈です)

 

 

 

社交ダンスは2人で踊るダンスですが、1人で踊れなければ2人で踊ることは難しくなります。

 

 

 

ですから、シャドー練習は必須でしたし今でもやっています。

 

 

 

私が学連(学生競技ダンス連盟)に所属してた頃は毎日のようにシャドー練習をやってました。

 

 

それが当たり前と教わってきたからです。

 

 

 

でも、たまに女性はシャドー練習をやらなくてもいい!という風に指導されることもあると聞きます。

 

 

 

みなさんはどう考えますか?

 

 

 

その方が言わんとしていることもわからなくはないです。

 

 

ただ、『相手が起こしたリードに対して素直に応じることが出来る(フォロー)』イコール『ステップを覚えないことで相手の動きを待って動き出す』という考えに至るのは短絡的ではないかと私は思うのです。

 

 

待つのとフォローするのは違います。

 

 

フォロー とは。

①追跡すること。あとを追い求めること。
②おぎない助けること。 
③被写体を追って移動して撮影すること。

 

 

ということです。社交ダンスでは②が適切でしょうか。

相手の動きを待つのではなく、フォローすることが大切です💕

 

 

ステップをわかっている上で、相手の起こしたリードに対して補い助けることの出来る女性になって欲しいと思います。