ベトナムにて学んだこと①


スポンサードリンク

こんにちは😃

 

ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です💕

 

 

本日、ベトナムから日本に帰ってきました。

 

 

 

早速焼肉食べてます💕

大塚駅周辺は焼肉屋さんのメッカなんです❣️

f:id:minako0622ms:20191021000254j:image

f:id:minako0622ms:20191020174958j:image

f:id:minako0622ms:20191020175701j:image

コスパ最高なんです✨

こちらに来たときは是非焼肉屋さんに行ってほしいと思います❗️

 

 

さて、今回私達がベトナムに行ったのは元世界チャンピオンのルカバリッキ先生に習うためでした。

 

 

ルカに習い始めて約3年。

ちょうど、エムズダンスアカデミーの第三教室でのレクチャーを受けた時が始めでした。

 

 

 

それからは今までに私達に全くなかった体のコーディネートを学ぶことから始まりました。

 

 

最初は

 

ただ柔らかくするだけ⁇

 

 

身体をフリーにする?

 

 

 

よくわからなかったのですが、彼が言わんとしていることがレッスンを受けることで少しずつ理解できるようになりました❗️

 

 

 

今回のベトナムでの1週間のワークショップと個人レッスンではもっと深いところに掘り下げていくことになります。

 

 

私達に一番足りないボディムーブメントに集中してレッスンしてくれました。

 

 

私達の動きは

 

「ダンスっぽいけどそのフリをしているだけ❗️」

 

 

「本当にダンスしていない❗️」

 

 

そこから始まりました。

 

 

体の中を流れる小さなエネルギーが相手の体を突き抜けてアクションが生まれる。

 

 

 

そのエネルギーの流れを作り出すところからスタートしたのです。

 

 

もう、今までにないくらい繊細で自分にとっては小さな動きなので歯痒いったらもうないです。

 

 

「踊った感がない。」

 

そんな印象でした。

 

 

そこから、少しずつそのエネルギーは大きくなっていきます。

 

 

私は相手の動きをヘルプしなくてはいけない。

 

 

ヘルプというのは相手の動きを増長させること。

 

 

お互いがエネルギーを作り出してコミュニュケーションをするような感覚であることを学びます。

 

 

ここから先はまた明日❣️

 

 

皆さん、明日もいい1日をお過ごし下さいませ✨