社交ダンスにおける女性の役割について。


スポンサードリンク

こんにちは😃

 

本日2度目の投稿になります✨

 

 


さて、今回は社交ダンスにおける女性の役割についてお話ししたいと思います。

f:id:minako0622ms:20190826230410j:image

 


よく女性は「ステップを覚えてはいけない。」などを言われますが皆さんはどう思われますか?

 


私はこんな風に思うのです。


「女性も自分から踊れなくてはいけない。」

 


例えば運動会の二人三脚。


お互いのテンポを合わせて進む方向を定めて走ります。


この時に進む方向もタイミングも分からず相手に身をまかせるだけだとどうなるでしょう?

 


相手との動きがギクシャクしてゆっくりとしか前に走り進めること出来ません。相手にとってはかなりの負担になります。

 


社交ダンスも同じです。ステップと進む方向、タイミングがお互いわかっていて踊った方が軽やかに踊れますよね。

 


じゃあ、パーティーで知らない人同士で踊るにはどうすればいいの?

 


その場合は第一に相手の動きに即座に反応できるようある程度のステップを知っている必要があります。ステップを知っていれば予測して動くことが出来るからです。

 


第二に相手の動きにすぐに対応できるよう動ける準備をしておく必要があります。

 


動ける準備というのは、相手から来たリードに対してすぐに反応できる体のポジションであるかどうかということです。


50メートル走の時の「よーい!」「ドン」のよーいの部分です。
よーいの号令でみんな足を前後に開き、関節を緩め、これから走れるぞ!という格好になりますよね。


社交ダンスでも、男性と組んだ時に今から動けますよ!という立ち方であってほしいのです。
技術的なことを言えば脚部が緩んでいることや、お腹だけで上体のシェイプを作るのではなく足元から体全部でシェイプを作るなどが挙げられます。

 

 


そんなことをしなくても上手な男性に身を任せておけば踊れる!なんて思っている方。
踊れているのではなく、踊らされているのですよ。

 


両者が気持ちよく踊るにはお互いの理解と協力が大切です。

 

 


女性として美しく踊りたい、男性に踊りやすいと思ってほしい方は是非以上のことに気をつけて踊ってみてくださいね。