インプットとアウトプット。同時に。


スポンサードリンク

こんにちは😃

 

ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です。

 

最近はお昼と夜の気温差が大きく、外に出るとびっくりすることがあります。

 

風邪をひかないように気をつけないとですね。

 

f:id:minako0622ms:20181110135927j:image昨日は大宮教室でお仕事でした✨

 

大宮教室は1面が窓なので、この時期は本当に日差しが入って明るいです💕

 

 

良い環境でお仕事できてとても有難いです❗️

 

 

さて、私は社交ダンスのインストラクターの仕事をする前は管理栄養士として社員食堂で働いてました❗️(短い間でしたが。。)

 

 

業者さんとのやりとりや、他の栄養士さん達、調理師さんとのやりとりが本当に楽しかったですね。

 

 

私と一緒に仕事をしてくださった方々には本当に感謝しています✨ありがとうございます🙇‍♂️🙇‍♂️

 

 

社交ダンスのインストラクターとして働くようになったのはその後のことです。

 

 

インストラクターになってからは日々勉強でした。

 

 

なぜなら、生徒さんに教える時に知識が少ないと色んな角度から教えるということが難しいからです。

 

 

また、教える時にわかりやすい言葉で伝えるという事も同時にやらなくてはいけないので、仕事に慣れるまで本当に時間がかかりました😰😰

 

 

今では当初よりも引き出しが多くなりましたかね。

 

 

さて、教えるという仕事をしていると自分が伝えたいことを噛み砕いて伝えなくてはいけません。

 

 

ですから、自分が深いところまで理解している必要があります。

 

 

また、生徒さんによってレベルもダンスの価値観も違います。

 

 

ですから、生徒さんの求めることに合わせていく必要もあります。

 

 

インストラクターという仕事は経験がものをいう仕事だなとつくづく思います。

 

 

そんな仕事をしている中でいつも自分が自然とやっていることは

 

 

生徒さんに教える

自分の理解がより深くなる。

 

ということです。

 

 

前にある先生に

 

「教えながら私も学んでいるのよ❗️」

 

と言われたことをいつも思い出します。

 

 

そうなんですよね。

こうして自分が競技をやっていて、練習やレッスンで得たことを生徒さんに教える(アウトプット)ことで自分の理解が深まる(インプット)んです。

 

 

だから、インストラクターという仕事は私にとってはとってもとっても有り難くて、楽しい仕事なんです♬