中学生のころの部活の厳しさについて


スポンサードリンク

こんにちは😃

ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です✨


今日も私のアイドルに会ってきました💕


脂肪がブルンブルンついているんです。

このワガママボディがたまらないです✨

うーん、もう触り心地満点💯


可愛すぎて時間があっという間に過ぎていきました❣️




さて、今日は久しぶりに夢を見ました。


その夢は中学生の時にやっていたバスケットボール部の合宿にこの歳になって行くという夢でした😱😱



あの鬼のような顧問の先生…


そして夏、暑いのに水も飲めない。。


そんな練習をしなくてはいけないのか😱

重ーい気持ちになって目が覚めました。。



私が中学生の頃の部活といえば


①水を飲んではいけない。

②休憩してはいけない。

③歩いてはいけない。走る。

④怒られるとしばしば殴られることも。

⑤上下関係の厳しさ。


みたいなスポ根が当たり前でしたから、そりぁもう辛かったです😅😅





試合に勝った時や自分のシュートが決まったりした時は嬉しかったですけどね✨


でも、今思えばあの頃あれだけ頑張れたからもっと自分を追い込めるんじゃないか。。


そんな風に思えるのもあの中学生の頃の辛い経験があったからこそ。。


有り難いなと思います🙇‍♂️🙇‍♂️



人となりを形成してくれたのも、この部活がきっかけでした。



出会った人、環境によって人は影響を受けて成長していきます。



私はこの中学生時代の部活をきっかけに人との繋がりや努力の意味を少しずつ学んできました。



今やスポーツは根性‼️なんて古い。



って思っている方もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。


もちろん、合理的に物事を進めることも大切です。


でも、そうでない部分もあって良いのかな?とも思うんです。



そんな風に感じた今日この頃でした✨