アエロフロートロストバゲッジ 体験記


スポンサードリンク

こんにちは😃


ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です‼️


ドイツ結構暑いです😵


ノースリーブで過ごせます。



ヨーロッパも日本同様暑くなってきてるんですね。。


ドイツは北海道くらいの気候と聞いていましたので、長袖結構持ってきたんですけど今回はいらないかもしれないです。



さて、先日のロストバゲッジから約12時間経過。

ようやく愛しのマイバッグが到着しました❣️



『やったぁーー。』



感動のあまり泣きそうになりました。

バッグがあることの有り難みを感じました。






さて、今回の一連の流れを追っていくため昨日ロストバゲッジした時点に戻ります。



ターンテーブルを見渡しても私達の荷物は流れることはなく何分か立ち尽くしていました。。



その後、近くの警備員さんに聞いても適当に流され。



さあ困った😭😭



たまたま近くにいた日本のツアーガイドさんに聞いたところアエロフロートのバゲッジクレームデスクの場所がわかり、
早速そちらへ。

ちょっとわかりづらかったです。



着くと結構な人数が待ってました。
アエロフロート、やっぱりロストバゲッジ多いんですね〜。


みんながっかりした顔。
そうだよね。来ると思ったものが来ないんですもの。



私達の順番になり担当の方の前に行き、挨拶を交わしたあとすぐに今回の経緯を話しました。


バッグのナンバーを伝えると現住所、電話番号等を聞かれ、明日の朝はどこにいるのか聞かれました。


ちょうど私達は空港直結のホテルに泊まる予定でしたのでそのことを伝えたら、


『良かった。とりあえず明日10時20分にここに来てちょうだい。』


ターミナルにあるインフォメーションの場所を教えられ、そこに出直すことになりました。




昨日朝、ターミナルに戻ってきてたっぷりと腹ごしらえしてからインフォメーションに向かいます。




外から荷物が流れるターンテーブルの場所に入れてもらい、もう一度昨日行ったアエロフロートのデスクの方に確認をとると…



『あと50分くらいしたら君たちの荷物が到着するから待ってて』


ということでした。


どうやらモスクワで経由した時に荷物を乗せ忘れた模様。



待つこと1時間…



ようやく愛しのマイバッグに出会いました💕



ほっとしました❣️


とりあえず予定通り試合に出場出来ます。


今後はロストバゲッジしても良いような心と荷物の準備をしていこうと思います✨



いい経験が出来ました‼️



皆さんも海外旅行する際はお気をつけくださいね♫