東京農業大学社交ダンス研究部に入部して


スポンサードリンク

こんにちは❗️

ロダンサー兼管理栄養士の石本美奈子です。

 

今日は朝からひんやり寒いですね😵❄️

今、さいたま市の大宮教室から家に向かって電車に乗っているところです。

電車には仕事帰りの人、遊びに行く人さまざまな人がいます。その人それぞれのドラマがあり、それを想像するのが私の電車の中での過ごし方になっています。

 

さて、私が社交ダンスを始めたきっかけから大学時代の話へと続きます。

 

東京農業大学社交ダンス研究部に入部して]

f:id:minako0622ms:20171125153427j:image

東京農業大学社交ダンス研究部に入った私は今までとは違う世界の扉を開けたような気がしていました。

 

練習では、1年生のうちはスタンダード・ラテン兼用のハイヒール、膝上の短いスカート(足元がしっかりと見えるように短いスカートを履くという流れがありました)を履くのですが、女性らしいことを全くしてこなかった私ですから違和感ありまくりでした😆😆

 

ハイヒールを履くにも一苦労でした。

社交ダンスのハイヒール👠は7センチヒールで慣れるまで時間がかかりました。

ヒールがピンヒールなので足がグラグラして安定しません。歩くだけでも一苦労なのにこれで踊るなんて想像もつきませんでした。

ピンヒールで歩いている素敵女子もこんなに大変な思いをして履いているのだと痛感しました。

 

そんな女子力ゼロの私を手取り足取り丁寧に教えて下さったのが上級生の先輩達でした。

みんなイケメン、イケ女のキラキラした方々でしたので、そりぁもうドキドキです💓

 

若い男性と手を握ることなんてないし、ましてやこんなに体を近づけることもない。

ワルツを習った時には距離が近すぎて顔から火が吹きそうでした笑笑

 

[初めての試合]

1年生で初めての試合は前期理工戦(理工科系大学が集まった試合)と呼ばれる大会です。

そこでは、ジルバとワルツの競技がありました。試合前の1週間か2週間、固定のカップルを先輩に決められて練習するのですが、男の子と一緒に二人でダンスを作り上げていく作業は簡単ではありませんでした。

最初は男の子とどう接したら良いかわからず手を握るのもドキドキ。

でも、慣れてくるとどうしたら踊りが良くなるか相手と話し合い、少しずつ練習していきます。もちろん初心者同士ですからぶつかったり、足を踏んだりはしょっちゅうです。でも、お互い相手を気遣いながら練習しました。

 

結果はどちらの種目も組んでいた男性のお陰で賞状を頂くことが出来ました。凄く有り難く、嬉しかったのを覚えています。

 

大会でいい成績を残す。このことが社交ダンスの世界にハマっていくのを加速させていったのです。

 

 

社交ダンスを始めてみたい方是非トライしてみませんか?


社交ダンスを始めるお手伝いさせていただきます✨

 

初心者講習会(※要予約)予約は以下メールアドレスまで
エムズダンスアカデミー 大宮教室にて
12月 2日、9日、16日、23日
12時〜13時まで
料金:1回1,500円より
持ち物:体を動かせる洋服、運動靴

他にもサークル(団体レッスン、個人レッスン)しております。


[ヒロインサークル]
場所:さいたま市与野本町コミュニティセンター他
時間:毎週月曜日13時15分〜14時15分団体レッスン、14時15分〜16時半まで自主練習もしくは個人レッスン
料金:1ヶ月4,000円(4回)

 

[町田サークル]
場所:成瀬コミュニティセンター他
時間:毎週木曜日13時〜14時団体レッスン、14時半〜初心者講習
料金:1ヶ月4,000円(4回)
初心者講習会は1回1,000円

 

[サークルMINA
場所:スタジオ443(日暮里舎人ライナー赤土小学校前駅より徒歩5分)
時間:毎週火曜日14時〜15時半と毎週金曜日19時半〜21時
料金:1ヶ月5,000円(4回)

詳しくは以下メールアドレスまでご連絡ください。
Minako0622ms@gmail.com(石本美奈子メールアドレス)